フグちゃんと統合失調症  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

統合失調症になった自分を振り返ってみる。

会津若松市生まれ、体重が少なく未熟児で保育器に入る。

小学校4年生ぐらいまで「自家中毒」(症状:原因不明の嘔吐など、自律神経の病気と考えられる)で学校を休む日が多かった。学業成績は中の下。
一番前の席なのに先生の言葉が頭に入らない。

小学校5年から走ることが好きになる。リレーの選手になる。学校を休まなくなる。牛乳をよくのんでいた記憶がある。中学3年で30cm身長が伸びる。145cm→175cm、ゲームセンター、ファミコンでゲームにはまる。

中学生、高校を陸上部で6年間、高校2年の大会で会津大会で400m2位入賞、100m11秒台、2,3年東北大会に出場(リレー)高校の学業成績はクラスで10位以内。精神的な病気は、陸上大会で走る前になるといつも友達に「俺はだめだー」の口癖。精神的プレッシャーに弱い。休みの日はゲーム三昧。

大学へ進学、陸上を引退、友達6人ぐらいとスキー場でアルバイト。基礎スキーにはまる。毎日のようにスキースクールに入る。スキー場のディスコペンション経営にあこがれる。ディスコで踊るのが好きになる。お酒が好きになる。スポーツクラブで彼女ができるが、振られる→精神おかしくなる。「毎日体をもっと鍛えて、かっこよくないと、女の子にまた振られると思い込む」→女の子ナンパしまくる。学業は中の下。部屋の鍵が掛かっているか心配になる症状がでる。電気学科だったのでパソコンについて学ぶ。4年で卒業。

電気CAD設計及び現場監督の仕事につく。研修6ヶ月後1ヵ月で現場を一人で任され、打ち合わせなども1人で任される→会社退職→スキー場のホテル業のバイトをする。スキー免許取得(一級、ゴールド)。スキー場で東京に住む彼女ができ、上京。→プールの監視員のバイトなどをする。冬はスキー場のスキーパトロール。アルバイトから正社員への憧れから25歳で横浜の機械CAD設計の会社に正社員で就職。CADのマクロプログラムに興味を持つ。まだインターネットはしていない。秋葉原に通う。入社後一年ごろ、一日中何もしゃべらずパソコンでの作業が多くなる。人としゃべる声が小さくなり朝起きると頭痛や吐き気で休む日が多くなる。約入社2年で退社。→実家に戻る。

スキー場でのパトロールの仕事に戻る。インターネットを始める。続く

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする